カメラバック、再登場。

街撮り用にリュックを背負っていたのですが、肩や背中の負担が大きく辛いので、ショルダータイプのものを使おうと思い以前使っていてお気に入りの「ドンケF2」グリーンのバックを押し入れから出して来て、その中に街撮り用のカメラを収めて新宿へ向かいました。肩への負担はリュックとそれほど変わりはありませんが、25~6年に渡って持ち歩いたものなので金具は錆びていたり至る箇所に色がこすれてグリーンが白くなっていましたが、はやり昔が懐かしく愛着もあるので暫く再登場させようと思っています。

「ドンケ」のバックと街撮り用のカメラです。
都庁の展望室から超密の街を愛用のカメラでパシャ。

 

ビルの解体作業。普通は見えないようにシートで被うのですが?

 

まるで芸術品を鑑賞するかのように長い時間見入っていた男性。その気持ちは解ります。