収穫なし。

そりゃそうですよね。ほぼ毎日のように同じ場所へ通い続けて約2年ですからね。コロナが広まり始めて最初の緊急事態宣言が発令されてから止む無く近場の草むら、畑、川を探して通い出したのですが、まさかこんなにも長く続くとは思わなかったので、暫くの辛抱だと言い聞かせてカメラ片手に歩き回っていたのですが、もうとっくに我慢の限界を超えて写欲など消え失せてしまっています。などど愚痴をいいながらも気が付けば昨(16日)もその例の場所へ向かっていたのです。

もう彼岸も近いと言うのに裸で散歩をしている人を見かけました。
ヒガンバナも咲いています。
アップで撮影。ピントはシベの1本に合わせています。
川には色とりどりの枯葉が流れていました。