システム管理者
  • 写真家 丸林正則
  • "/>

    丸林正則の気まぐれ日記

    Jump to content.

    丸林正則の気まぐれ日記

    写真家 丸林正則の日々を綴ったブログです!

    アーカイブ

    最近のコメント

    桃源郷へ。

    今日の「銀座写真塾」の撮影場所はこの時期ならではの桃源郷で行いました。塾の撮影ではもうお馴染みになっているので、感動がだいぶ薄れてしまっているのは事実です。でも目の前のハナモモの美しさには、ついつい夢中になってシャターを押してしまいます。

    まさに桃源郷です。

    桃色吐息です。

    斜面に咲いています。

    ランドマーク?

    もう少し経てば春爛漫になります。

    街並みが迫っています。


    期待はずれ。

    昨日、買いたい物があるので川越まで行く事にしましたが、どうせ行くのなら日没近くの街をスナップして歩こうと思い出かけたのですが、思いのほか早く現地に着いてしまい、書店で立ち読みなどをして時間を潰していてもなかなか日没になりません。そうこうしていてようやく光が紅くなって来たのですが、空一面に薄い雲がかかっていて太陽はおぼろげ気にしか見えず空も赤くはなりません。でももう少し時間が経てば夕焼け空に変わるのではと思ったのですが、さすがにもう待ちきれず諦めて帰ることにしました。

    こんな夕暮れでは……..。

    空は白くて期待はずれ。

    お寺に灯がともりました。

    夕方の街です。

    人気の焼き鳥屋には人だかりが。

    怖い伝説のある「雪塚稲荷神社」です。

     


    ハクモクレン。

    昨17日は「銀座写真塾」の座学が午後1時からあるので、例によって午前中は「新宿御苑」に寄って写し回ってから塾に臨むことにしました。今回の目的はハクモクレンです。苑内の花は少しづつ花数も増えて来ているので、それらをゆっくりと写したいのですが、なにしろ昼食時間を含めて2時間弱しか無いので、ターゲットを1点または2点程に絞って掛からないと良いカットが得られないので、現在一番目立っている花は?と言うことでハクモクレンだけを写すことに決めました。

    大きなハクモクレンの樹の周りでは、多くの人がカメラを向けていました。

    満開状態です。

    見上げて逆光で。

    都会の公園らしくビルの窓を背景に。

    まるで深山の様ですが、日本庭園内でのものです。


    充実の一日。

    春の花を写しに以前から予定していた場所へ行って来ました。森の中を歩いたり、小川の畔や日当たりの良い南側斜面などで被写体探しです。この時期は花自体が小さく背丈が低い種が多いので撮影は大変です。落葉の上に腹這いになったり、カメラを直接地面に置いたりとアングル探しに時間を費やしましたが、結果的には満足の得られるカットが多く充実した取材となりました。

    南側の斜面にはカタクリが目覚めていました。

    これからが楽しみです。

     

    クロッカス発見!

    クロッカスの大集団です。

    キクザキイチゲです。

    チューリップ畑もありました。

     


    睡蓮撮影。

    睡蓮の撮影に行って来ました。この時期の熱帯性スイレンは温室の中で写せるので、風も無く暖かく快適に過ごせます。ただその室内の梁や柱、天井の照明器具などが水面に映り込んでしまう事が多いので、それを如何に隠して自然の中に咲いているかのように仕上げるのかが大変なのです。もちろんすんなりと撮れる場所もあるかも知れませんが、困難な所での撮影ほどやる気も出て来るし、上手く行った時の達成感にはたまらないものがあるのです。

    前ボケで水面を隠し幻想的に仕上げています。

    出来る限りピントを浅くして主役以外はボカしています。

    花と水平になると映り込みはクリアできるのですが……。

    さざ波が起きれば映り込んでいる物が溶けて判別不可能となります。

    赤いコートを着た女性が映り込んでいます。


    近所で。

    風も弱く天気も良かったので、近所の草むらを歩いて来ました。初冬の頃までは頻繁に通っていた場所ですが、さすがに冬ともなると撮るものが無くなって、ただ徒に歩き回るだけに終わるのは目に見えていたので行っていなかったのです。着いてみると大きな変化が。僕が気に入っていた残土を積み上げた小高い丘が、姿形も無くなって更地になっていたのです。いろいろな雑草の花が咲いていてチョウやトンボがたくさん来ていたのですが、残念です。

    民家の塀から一輪のサザンカが顔を出していました。

    この時期の定番、オオイヌノフグリです。カメラを地面に置いての撮影。

    青空バックのホトケノザです。苦しいアングルからの撮影。

    草むらに捨てられたタバコの空き箱。

    同じ被写体をカラーで。何の意味もありませんが。


    昭和記念公園。

    今日は昭和記念公園でフォトウォーキングでしたが、朝から園の正門前広場は人でいっぱい。「立川シティーマラソン大会」が開催されるとの事でした。今日の目的はクロッカスですが、園の奥に位置しているので、かなりの距離を歩かなくてはなりません。いつもなら途中で撮影しながら向かうので、時間が掛かったという感じがしませんが、今日は園内のほとんどがマラソンのコースに指定されていて、至る所に立ち入り禁止のロープが張り巡らしてあり自由に歩けず、ずいぶん遠回りをして目的地に着くことになりました。我々一般の入園者はランナーの邪魔にならないように、道路の片隅を一列になって歩かなくてはなりませんでした。これではせっかくの楽しみが半減です。一層のことマラソン関係者だけの貸し切り日にした方がいいのでは………。プン、プン!

    クロッカスです。ここまで辿り着くのに時間が掛かりました。

    クロッカスは青い色の方が好きです。

    スイセンも咲いています。

    ツバキの鼻水です。(蜜が垂れています)

    ウメも綺麗。


    桃の節句。

    今日3月3日は「耳の日」じゃなくて「桃の節句」です。僕のようなオッサンには無関係なのですが、可愛らしい「ちらし寿司」とデザートとしてイチゴ大福とさくら餅を頂戴しました。さっそく春の雰囲気に包まれ乙女になった気分で美味しく頂戴しました。ごちそうさまでした。

    我が家の食卓は乙女の雰囲気です。右がちらし寿司、左はイチゴ大福とさくら餅です。


    写せるうちに。

    〇〇くん、保育園が受かったそうで4月から通園です。となると今までのように何時でも会いに行く事も写真を写す事も難しくなります。今が一番カワイイ時なので、彼の記録をたくさん残しておこうと思っています。と言うことで今日も行って来ました。

    〇〇くん。どんな未来を描くのだろうか?

    〇〇くん。どんな未来が待ち受けているのだろうか?

    歩るくのが楽しい!でも石ころが有ると固まってしまいます。

    不安定ですが、ママの後を付いて行けます。

    撮影場所はいつもの電車が見える公園。


    春近し。

    昨26日は暖かく、まさに春近しを感じる一日でした。本当は家に居て片付ける仕事があったのですが、風も弱く晴天なので仕事は後回しにして、春の花を求めて出かけてしまいました。やはり家の中に居るよりカメラを持って野原を歩き回る方が体にも心にも効く一番の薬だと思います。ただ楽しいのでついつい歩き過ぎてしまい、左足の裏に豆が出来てそれが潰れてしまい、痛くてスピードを落としての撮影でした。

    小さなクロッカスが咲いていました。

    林の下にはクリスマスローズが咲いています。

    福寿草とユキワリソウです。

    小さな原種シクラメン。

    スノードロップです。

    アヤメの仲間が出ていました。

     


    « 前ページへ次ページへ »