カタクリ。

25日の土曜日は天気も良く暖かだったので、カタクリを撮りに出掛けました。ただ張り切り過ぎてしまい、現地では花にまだ陽が当たっていませんでした。つまり下を向いてつぼんだ状態だったのです。仕方なく近くの小川の畔や草むらを歩き回って陽が当たるのを待ちました。やがて光が花に当たり少しづつ開きだし、カタクリらしい優美な姿を見せ始めました。ただ花数は少なく予想していた絵にはなっていませんでした。再訪しなくては!

春の木漏れ日の中、花を求めて歩きます。
花数は少なくて残念!
ポツリ、ポツリと咲いています。
花にギリギリまで近づけます。
撮影アングルは苦痛です。
近い内に再訪しなくては。