システム管理者
  • 写真家 丸林正則
  • "/>

    丸林正則の気まぐれ日記

    Jump to content.

    丸林正則の気まぐれ日記

    写真家 丸林正則の日々を綴ったブログです!

    アーカイブ

    最近のコメント

    またポピー畑。

    最近はマクロレンズより広角系のズームで写す機会が多くなっています。昨19日の昭和記念公園では広角ズームだけでポピー畑を写したし、今日(20日)も同じレンズ1本だけでちょっと遠出をしてカリフォルニアポピー咲く広大な丘へ行って来ました。気温32℃の暑さの中で数時間も夢中になって撮っていたので軽い熱中症気味に。

    手前がシャーレーポピー。後方はカリフォルニアポピーです。

    山がすぐ近くにあります。

    見上げて写せます。

    人が居ないので撮りやすい場所です。

    シンボルツリーを囲むカリフォルニアポピー。


    ポピー。

    「銀座写真塾」の今日はシャーレーポピーの花畑を写しに「昭和記念公園」へ行って来ました。この花畑は園のもっとも奥の方に位置しているので、20~30分ばかり歩かなくてはなりませんが、その途中にいろいろな花が咲いているので、それらを写しながら歩を進めていると、いつの間にか広大な花の丘に到着してしまうのです。ただ帰りはひたすら歩くだけなので疲れますけど。

    人が居なくなるのを待って、花の丘です。

    今が写し頃です。

    ネモフィラの咲く丘にて。

    広場一面にシロツメクサが咲いています。

    花の首飾りの落とし物です。


    午前中に。

    天気予報では午後から突然の雨か雷になる所があるとの事だったので、遠くへは行かずにいつもの近場を歩いて午前中に帰って来る事にしました。撮影中はスマホの雨雲レーダーで雲の動きを確認しながらだったので落ち着きません。いずれにしても撮り飽きている場所で、写したいと思わせる被写体も少なかったのでチャチャと済ませて降る前に帰って来ました。

    クサフジとシロツメクサです。

    クサフジを前ボケに。

    ニワゼキショウです。

    タンポポとアカバナです。

    英語でバンブルビーです。

    日本語で雉(オス)です。


    新宿御苑へ。

    お昼過ぎまで実家に居て用事を済ませ、そのまま直帰しようと思っていたのですが、10分ほど地下鉄に乗れば「新宿三丁目」駅に行けます。そこは「新宿御苑」の最寄り駅です。ならば2時間ばかり写してから家に帰るのが今日を無駄なく使えると思い御苑に向かいました。とくに興味を惹くような被写体はありませんでしたが、カメラを持って苑内を散策しているだけで幸せ気分。

    強い光が射した瞬間に撮影。

    バラ園なのにツツジを主役にして写しました。

    今日のメインは黄菖蒲かも?

    日本庭園のヒレアザミです。

    実家のネコ。僕には距離を置いて観察しています。


    虫、虫、虫。

    ここ一週間ばかり写真を写していなかったのですが、今日は午後3時頃から陽が射して来たので、久しぶりにマクロレンズを付けて近くの草むらへ行って来ました。最近は虫を写していなかったので、マクロで思い切り近づいて何故この虫なる生き物が大嫌いなのか、その根源を探るべく僕の心の奥へとインナートリップをすることとしました。

    葉先のツノカメムシです。臭~い!

    タンポポに来たウリハムシです。

    アカツメクサに潜り込むコアオハナムグリです。

    飛び立つナナホシテントウムシです。

    ツツジの上を飛ぶナミアゲハです。


    月に一度。

    以前は週に2~3日は通っていた「昭和記念公園」ですが、今年の春は桜もナノハナもチューリップも写しには行きませんでした。4月2日(日)の「フォトウォーキング」で訪れた時にはソメイヨシノは未開花、ナノハナ畑は密度が薄く、もちろんチューリップは葉が出ているだけと言う状態でした。そして今日の「フォトウォーキング」では当然ですが上記の花々は総て終わっていました。それでも今日は思った以上の収穫があって大満足でした。次に訪れる6月最初の日曜日までには、どんな花の見頃が過ぎている事でしょうか?なにしろ最近では月に一度だけの訪園なので。

    ネモフィラ畑。

    カリフォルニアポピーです。

    ムラサキハナナを前ボケにして。

    銀ラン。

    金ラン。

    ホトケノザです。カリフォルニアポピーの間から。


    散歩。

    連休中は何処へ行っても観光地などは大混雑をしていて写真どころではないので、例年どこへも出かけず家でのんびりして過ごす事にしています。とは言っても数日間カメラを持たないと腕が鈍ってしまうと思い、今日は近くの川の周辺を歩き回って来ました。土手にはナノハナの一種が群生していて、今日のやや強い風に揺れている姿を、スローシャッターで動感を出してみたりしました。

    強い風で土手のナノハナと草が大騒ぎしています。

    この画面では分かり難いと思いますが、ナノハナ全体が揺れているんです。

    藤の花も揺れています。

    水辺のヤグルマギクは揺れが治まった瞬間に写しました。


    森の中で。

    昨30日は久しぶりに丸一日を撮影に当てる事が出来ました。そこで最近入手したカメラの試写も兼ねて森の中へ入って行きました。天気も良く暑いくらいだったので半袖になって森の中に居ましたが、刺す虫も居なくて心地良く過ごすことが出来ました。

    森の中はヤマツツジが最盛期。

    このツツジも緑に囲まれていました。

    ヤマブキソウの群落です。

    暗い森の中で星が……?ミヤコワスレでした。

    花と同じ高さから見たミヤコワスレ。

    緑が綺麗です。


    新宿御苑。

    いつものように「銀座写真塾」の日は午前中に会場近くの「新宿御苑」に寄って2時間ほど撮影をしてから向かう事にしています。今日も10時半頃から12時近くまで苑内を歩いて来ました。

    今日のメインはハンカチの木でした。

    桜の絨毯が見られました。

    オドリコソウです。

    オオアマナの白い花が綺麗。

    林の下にはシャガが咲いています。


    ネモフィラ。

    北アメリカ原産の一年草。いつの頃からかは記憶に無いのですが、横に広がって増殖する性質を活かして、まるで大海原の様な広大なネモフィラ畑を呈する公園や植物園などが近年増えて来ています。水色や青色系が大好きな私にとっては、この爽やかな花畑の中で撮影するのが毎春の楽しみなのです。しかし何処へ行っても観光客が必ず写り込んでしまいます。まっ、集客が目的なので当たり前なんですが……。毎年チャレンジしているのですが、誰も居ない風景は撮れませんでした。でも、今年の春は念願叶って成功しました。

    青空と一体になった風景です。

    空を主役にしてみました。花畑が水面の様に見えます。

    ボリューム感を出してみました。

    広がり感を出してみました。

    アオスジアゲハがやって来ました。


    次ページへ »