午前中に。

夏は花が少ないので、昆虫などにレンズを向けるのを常としています。今年はセミが元気で林の近く等ではうるさいくらいの蝉しぐれ状態です。このセミよりも撮影で面白味があるのはトンボ、中でもチョウトンボが好きで暑さをものともせず撮影に励んでいます。と言うのは昨年迄の話しで、さすがに今年は撮影を楽しむではなくて撮影を苦しんでいます(命懸けかも?)。もちろんトンボたちも暑さに苦しんでいるはず、朝の涼しい内に現地に着いていないと、飛び回る美しい姿を写すことが出来ません。

朝の内ならこの美しい姿をキャッチ出来ます。
水に映った夏の雲と一緒に。
朝の光の中で。ハスの葉に止まっています。
暑さを凌いで茂みの中に。でも目立ちます。
とにかく暑い!(夏の強い直射日光が体に当たる面積を少なくするための姿で「オベリスク姿勢」と呼ばれています)