久々の川越。

前回訪れたのが3月11日だったので、もう3ヵ月以上も経ってしまいました。我が家から近いので花の撮影に飽きてしまった時などに気分転換の地として撮影に出かけていたのですが、これ程のあいだ行っていなかったのは珍しい事です。

時代劇のロケに使えそうな佇まいです。
看板建築のつり具屋さん。
「銀パリ」床屋さんです。
古い和風建築ばかりではありません。こんな古き良きアメリカンなハウスも。