苦手です。

子供の頃から青や水色の花に惹かれる傾向にあったのですが、その中にあってアジサイはごく身近で綺麗な色をした花で好きだったのですが、花写真家になってからはあまり好きとは思わなくなってしまいました。何故かと言うと、この花を作品として仕上げるのが非常に難しく、いつ撮っても同じような写し方しか出来ず、見た目の美しさとは違ってなかなかの強敵だからなのです。従って何時の間にか見るだけでカメラを向けようとは思わなくなってしまったのです。昨日の苦手なアジサイに渋々挑戦して来ました。

何処にでも咲いている花なのですが………。
水の反射を加えて。
長年に亘って同じ撮り方です。
デジタルになってからはWBを変えて撮る方法が加わりました。