小石川後楽園。

午后から少し時間があったので地下鉄「後楽園駅」まで行って「小石川後楽園」で梅を写して来ました。ここは数少ない江戸初期の大名庭園でその大名こそ水戸徳川家で、初代の徳川頼房公によって作られ二代光圀公が完成させた名園なのです。水戸と言えば納豆と梅が有名です。もちろんここの梅は水戸の「偕楽園」から運んで来たもので言わば本場ものなのです。約1時間ほどでしたが十分に撮影する事が出来ました。まだ梅以外に写す花が見当たらないのでね。

梅の前に人がいっぱい集まっています。何故だか?
逆光が綺麗に浮かび上がらせています。
紅梅をバックに。
点在。