夕景。

昨12日も午後になってから青空が出て来ました。当初は撮影行を諦めていたのですが、次に何時晴れるか分からないので、このチャンスに撮れるものは撮っておこうと夕方になって出かけました。16時30分頃から近場の「川越」市内を夕方の光を求めて歩き始めました。17時頃になると観光客の数もめっきり減って静かな夕暮れの街になりました。赤みを増すためにホワイトバランスを曇天に変え(いつもは晴天)ISO感度を400に(普段は200)上げて臨みました。やはり日没の頃は情緒が出ていいですね。

金色の光が建物の立体感を強調しています。
観光客も帰ってしまい、人力車の車夫さんも手持ち無沙汰。
映画のワンシーンみたいです。
店に灯が灯る時間です。
街角の花屋さんに夕日が射しています。