アサザ。

今月3日に撮ってきた「アサザ」の花が気になって本日再訪してみました。毎年6月には撮りに行っているのですが、満足の得られるようなカットが見られないので飽きもせず通っているのです。今や準絶滅危惧種に指定されているこの水草は、水の奇麗な浅い所に咲くので「浅紗」とか朝早く咲くことから「アサザ」名付けられたようで、平安時代から呼ばれていたとの事です。花ことばは「淑やか」と「平静」で1日にわずか1つの花を朝方に咲かせる1日花でなのです。

水面と同じ高さから狙うのは大変なのです。
1日花なので、その時によって花数が違います。
水面に映った花にピントを合わせています。
とっても可愛らしい花です。